日本遺伝学会会長・小林武彦先生 インタビュー 二元論を超えて──「わかりやすさ」の100年後。:NikkeiLUXE

日本遺伝学会会長・小林武彦先生 インタビュー 二元論を超えて──「わかりやすさ」の100年後。:NikkeiLUXE

日本遺伝学会会長・小林武彦先生 インタビュー 二元論を超えて──「わかりやすさ」の100年後。:NikkeiLUXE

日本遺伝学会は、昨年、遺伝学の分野のさまざまな用語の改定を決めました。代表例は「優性」「劣性」で、これは今後、それぞれ「顕性」「潜性」に改めます。医療や研究の場で使われる言葉や、教科書の表記なども、順次変わっていくはずです。 「優性」「劣性」は、「メンデルの法則」からのなじみ深い言葉でしょう。グレゴール・ヨハン・メンデルが、1865年に発表した遺伝学の礎というべき発見のひとつで、それぞれ英語の「d…

はてなブックマーク - 日本遺伝学会会長・小林武彦先生 インタビュー 二元論を超えて──「わかりやすさ」の100年後。:NikkeiLUXE はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , 訳語でイメージが混乱する言葉としては「正規表現」とか?/省エネを目指すよりはエネルギーが要るだろうけれども、多様性を貴ぶように。あれも、これも、それも、みんな良い。

WordPress Themes