(仮まとめ)最低賃金を下げればバリキャリ女性の社会参加率と出生率が高まる、という研究 – Togetter

(仮まとめ)最低賃金を下げればバリキャリ女性の社会参加率と出生率が高まる、という研究 – Togetter

(仮まとめ)最低賃金を下げればバリキャリ女性の社会参加率と出生率が高まる、という研究 - Togetter

マンハイムで印象に残った研究。米国で1980年代と2010年代を比べて高所得層の家計のFertility Rateが上がっている現象を、市場における保育サービスが充実して保育コストが低くなったからという仮説で説明。家計所得と子供の数の負の相関が崩れてきているのは知らなかった。 papers.ssrn.com/sol3/papers.cf… 冒頭で「社会正義の面はほかの人に任せるとして」と宣言しては…

はてなブックマーク - (仮まとめ)最低賃金を下げればバリキャリ女性の社会参加率と出生率が高まる、という研究 - Togetter はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , 複雑怪奇。/なんか、ロマンチックラブは子ども産むのに必要ないね!とか、子どもは産み捨てで社会が育てれば十分!みたいに開き直らないと少子高齢化には威力ないような気がしてきた。

WordPress Themes