住友陽文 on Twitter: “19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦… https://t.co/ufijLHXatn”

住友陽文 on Twitter: "19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦… https://t.co/ufijLHXatn"

住友陽文 on Twitter: "19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦… https://t.co/ufijLHXatn"

19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦… https://t.co/ufijLHXatn

はてなブックマーク - 住友陽文 on Twitter: "19世紀末までは日本では婚姻で女の姓が変わることはなかった。離婚も多く、19世紀末段階で英国の110倍、米国の3倍強の離婚率であった。養子も多く、家族形態は伝統的には大らかであった。それが1898年(明治31)の明治民法により夫婦… https://t.co/ufijLHXatn" はてなブックマークに追加

WordPress Themes