【発達障害】多くの教員は「忘れ物をしない普通の子」として生きてきたから「やる気があったら忘れるわけない」という発想になる、という説 – Togetterまとめ

【発達障害】多くの教員は「忘れ物をしない普通の子」として生きてきたから「やる気があったら忘れるわけない」という発想になる、という説 – Togetterまとめ

【発達障害】多くの教員は「忘れ物をしない普通の子」として生きてきたから「やる気があったら忘れるわけない」という発想になる、という説 - Togetterまとめ

多くの子どもは全然忘れ物しないんだ(保護者の力も込みで)って事実を知ったとき、 多くの教員もそのような子どもとして生きてきたんだ、だから「なぜ忘れるんだ」と思うんだなって、ホントに分からない んだなって、目から鱗だった…。 なつかしいな、これ。 「やる気があったら忘れるわけがない」って言うんだよな、普通の忘れない人。 それで、 「忘れるということはやる気がないということだ」 と考えるんだよね。懲ら…

はてなブックマーク - 【発達障害】多くの教員は「忘れ物をしない普通の子」として生きてきたから「やる気があったら忘れるわけない」という発想になる、という説 - Togetterまとめ はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , やる気というか「悪気はない」というか。自分に対する攻撃や嫌悪や嫌がらせや、自分の権威への挑戦ではないと教師側が理解することでも状況はだいぶ変わるような気がする。

WordPress Themes