MIT、胃酸で発電する「レモン電池」技術–無バッテリで動く体内センサや投薬ロボへ応用 – CNET Japan

MIT、胃酸で発電する「レモン電池」技術–無バッテリで動く体内センサや投薬ロボへ応用 – CNET Japan

MIT、胃酸で発電する「レモン電池」技術--無バッテリで動く体内センサや投薬ロボへ応用 - CNET Japan

マサチューセッツ工科大学(MIT)とBrigham and Women’s Hospitalの研究チームは、胃酸で発電する小型電池を 開発 した。発電機構やセンサ、無線通信回路などをカプセル薬ほどの大きさにまとめており、飲み込んで各種身体データを取得したり、投薬したりする医療デバイスとして応用できる可能性がある。 体温や心拍数、呼吸数などの計測、治療薬の投与を体内で実行する小型デバイスは、以前から…

はてなブックマーク - MIT、胃酸で発電する「レモン電池」技術--無バッテリで動く体内センサや投薬ロボへ応用 - CNET Japan はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 酸には違いない。/なんだろう、イメージ的な問題でレモンとは違う…と思ってしまった。/最終的には出てくるのね。そりゃ、そうか。

WordPress Themes