小保方騒動から見えてくる日本の高等教育 : 一研究者・教育者の意見

小保方騒動から見えてくる日本の高等教育 : 一研究者・教育者の意見

小保方晴子さんのSTAP論文騒動については、世間では彼女の擁護派と批判派が拮抗しているようである。Yahoo意識調査(4月19日現在)によると、約半分の人が彼女の会見について「納得できなかった」、3割が「納得した」、残りが「内容がわからない」あるいは「見ていない」という結果である。週刊誌には、「小保方晴子というリトマス紙」などという見出しも出ていたが、言い得て妙で、彼女に対する考え方は、その人が「…

はてなブックマーク - 小保方騒動から見えてくる日本の高等教育 : 一研究者・教育者の意見 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 「指導する側の人間が、より大きな責任を担っていることが示さなければ、この国の教育も研究も、そして国としての組織も成り立たなくなってしまうだろう。」

WordPress Themes