火星誕生から4億年で水が半減

火星誕生から4億年で水が半減

火星誕生から4億年で水が半減

【2014年4月16日 名古屋大学】 日本の大学の研究チームが、火星誕生から約4億年の間に水が大量に失われた推移を隕石の分析などからつきとめた。残った水の大部分が氷として地下に現存する可能性も指摘されている。 (上)火星隕石からわかった、火星表層の水の水素同位体比の変化(下)理論計算で得られた水の量の変化。クリックで拡大(発表資料より) 4月14日に撮影された火星。クリックで投稿ギャラリーのページ…

はてなブックマーク - 火星誕生から4億年で水が半減 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , 「スター・レッド」

WordPress Themes