体長15㎝ほどの謎の小型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」の正体が明らかに : カラパイア

体長15㎝ほどの謎の小型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」の正体が明らかに : カラパイア

体長15㎝ほどの謎の小型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」の正体が明らかに : カラパイア

チリにあるアタカマ砂漠で2003年、今からおよそ10年前に発見された体長15㎝ほどのミイラ。人間そっくりの小型ミイラは一体何のミイラなのか?エイリアンなのか?「アタカマ・ヒューマノイド」というネーミングで話題を呼んだが、ついに正体が判明したようだ。 アタカマ・ヒューマノイドは2003年10月19日、オスカー・ムニョスと呼ばれる男が、アタカマ砂漠のゴーストタウンラノリアで発見したもので、ムニョス氏は…

はてなブックマーク - 体長15㎝ほどの謎の小型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」の正体が明らかに : カラパイア はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , ,

WordPress Themes