こゝろ – Wikipedia

こゝろ – Wikipedia

『こゝろ』は、夏目漱石の長編小説。1914年(大正3年)4月20日から8月11日まで、「朝日新聞」で「心 先生の遺書」として連載。岩波書店より刊行。 友情と恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人から恋人を奪ったために罪悪感に苛まれた「先生」からの遺書を通して、明治人の利己を追う。漱石の代表的な作品。 注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 [編集] あらすじ 時…

はてなブックマーク - こゝろ - Wikipedia はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , お嬢の夏休みの課題。/大人になって読めば、また違った感慨があるものなのかなぁ。「男ってみんなばっかみたい」と、かつて思ったりしたものだが。

WordPress Themes