高学歴の母親ほどMMRワクチン等への知覚リスク回避傾向が強かったという研究など – ベムのメモ帳Z

高学歴の母親ほどMMRワクチン等への知覚リスク回避傾向が強かったという研究など – ベムのメモ帳Z

米国の書籍パニック・ウイルスの著者、セス・ムヌーキンは子どもにワクチンを摂取させなかった保護者の特徴として、比較的裕福、教養があって、政治的にリベラル、プリウスに乗っている、オーガニックナチュラル運動に取り組んでいる、などを挙げていることを以前記事にしました。 ■「米国で自閉症ワクチン原因論に恐怖し、踊らされ、反ワクチン運動を支持した人々」についての補足セス・ムヌーキン:あるグループに関して一般化…

はてなブックマーク - 高学歴の母親ほどMMRワクチン等への知覚リスク回避傾向が強かったという研究など - ベムのメモ帳Z はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , , 不確実性への恐怖ってヤツだったり?/「悪いこと」をしようとしているわけじゃないんだよね。きっと。

WordPress Themes