Posts tagged: 電気

ドローンがバッテリーなしで飛ぶ! 人工ダイヤとレーザーで無線給電する技術、スイスで開発中|WIRED.jp

ドローンがバッテリーなしで飛ぶ! 人工ダイヤとレーザーで無線給電する技術、スイスで開発中|WIRED.jp

ドローンがバッテリーなしで飛ぶ! 人工ダイヤとレーザーで無線給電する技術、スイスで開発中|WIRED.jp

PHOTO: MADS PERCH/GETTY IMAGES 米国の空に突如として現れたドローンは、いまや大変な勢いで増加中だ。米連邦航空局(FAA)によると、米国上空を飛ぶドローンの数は2022年までに70万機に達する見込みだという。ドローンたちは、荷物の配送や交通状況のモニタリング、橋梁の点検、あるいはまだ見ぬニッチな用途に使われ…

はてなブックマーク - ドローンがバッテリーなしで飛ぶ! 人工ダイヤとレーザーで無線給電する技術、スイスで開発中|WIRED.jp はてなブックマークに追加

NEC、家庭用蓄電システムの量産を開始 – 家電Watch

NEC、家庭用蓄電システムの量産を開始 – 家電Watch

NEC、家庭用蓄電システムの量産を開始 - 家電Watch

ニュース NEC、家庭用蓄電システムの量産を開始 ~甲府事業所にて生産。中型・大型の蓄電システムも (2013/2/14 15:20) NECが2012年3月に発売した家庭用蓄電システム「ESS-H-002006B」 NECは、子会社のNECコンピュータテクノの甲府事業所にて、家庭用蓄電システムの量産を本日より開始すると発表した。 同社では2012年3月より、電力会社の電力系統と連携した家庭用蓄電…

はてなブックマーク - NEC、家庭用蓄電システムの量産を開始 - 家電Watch はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , ,

エアコンのこまめなオフは禁じ手、ドライ運転も要注意:日経ビジネスオンライン

エアコンのこまめなオフは禁じ手、ドライ運転も要注意:日経ビジネスオンライン

エアコンのこまめなオフは禁じ手、ドライ運転も要注意:日経ビジネスオンライン

梅雨が明けたら一気にうだるような暑さ。今年も厳しい夏がやってきました。昨年は関東、東北を中心に厳しい節電要請がありましたが、今年も電力需給がひっ迫。全国的に節電の態勢が敷かれています。特に関西電力管内では深刻な状況というのはご存じの通りです。 本当に電力不足は起こっているのか、原発再稼働の是非など様々な議論はともかく、これからの私たちの生活を見直すという意味でも個々が節電に取り組んでいくことは必須…

はてなブックマーク - エアコンのこまめなオフは禁じ手、ドライ運転も要注意:日経ビジネスオンライン はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , ,

パナソニック、裏表両面から発電できる太陽電池「HITダブル」を国内展開 – 家電Watch

パナソニック、裏表両面から発電できる太陽電池「HITダブル」を国内展開 – 家電Watch

パナソニック、裏表両面から発電できる太陽電池「HITダブル」を国内展開 - 家電Watch

パナソニック、裏表両面から発電できる太陽電池「HITダブル」を国内展開 ~建物の壁面、フェンス、駐車場の屋根などに有効 両面発電型太陽電池「HITダブル」 パナソニックは、パネルの両面から発電できる太陽電池モジュール「HITダブル」を、8月から発売する。価格は1枚189,000円。 HITダブルは2006年に商品化され、欧米市場に投入されていたが、今回、国内の産業/公共市場に本格的に投入する。 H…

はてなブックマーク - パナソニック、裏表両面から発電できる太陽電池「HITダブル」を国内展開 - 家電Watch はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , ,

朝日新聞デジタル:電力会社の発送電を分離へ 経産省、競争狙い14年以降 – 経済

朝日新聞デジタル:電力会社の発送電を分離へ 経産省、競争狙い14年以降 – 経済

朝日新聞デジタル:電力会社の発送電を分離へ 経産省、競争狙い14年以降 - 経済

発送電分離で電力業界はこう変わる  経済産業省は、電力会社の発電部門と送配電部門を分ける「発送電分離」を2014年以降に進める方針を固めた。今のように大手電力会社が発電、送電、電力販売を独占するのでなく、自然エネルギーなど様々な発電会社も送電しやすくして、消費者が電力会社を選べるようにする。  経産省は31日に開く電力システム改革専門委員会で、送配電を担う組織をどのようにつくるかを本格的に議論し始…

はてなブックマーク - 朝日新聞デジタル:電力会社の発送電を分離へ 経産省、競争狙い14年以降 - 経済 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , ,

風力と地熱は、原発や火力と同じくらい安くなりうる:日経ビジネスオンライン

風力と地熱は、原発や火力と同じくらい安くなりうる:日経ビジネスオンライン

風力と地熱は、原発や火力と同じくらい安くなりうる:日経ビジネスオンライン

日本初、再生可能エネルギーの発電コストを体系的に試算する 田中 良典 【プロフィール】 バックナンバー 2012年2月9日(木) 1/5ページ (前回から読む) コスト等検証委員会が昨年12月に取りまとめた報告書のポイントの解説の第2回目に当たる今回は、将来の主要電源として期待が高まる再生可能エネルギーの発電コストと普及ポテンシャルに焦点を当てて紹介したい。 2011年3月11日の東日本大震災と東…

はてなブックマーク - 風力と地熱は、原発や火力と同じくらい安くなりうる:日経ビジネスオンライン はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , ,

太陽光で発電する外壁材…パネル不要、低コスト : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

太陽光で発電する外壁材…パネル不要、低コスト : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

三菱ケミカルホールディングスは、太陽光で発電する新型の外壁材を2013年中に発売する。 屋根などに設置場所が限られるパネル型と異なり、日当たりがよいマンションなどの壁面として使える。再生可能エネルギーの普及に弾みがつきそうだ。超高層ビルの壁に使えば、1、2棟程度でも大型の太陽光発電所(メガソーラー)並みの発電能力を得られるという。 新たに開発したのは、現在使われているシリコン半導体の代わりに、石油…

はてなブックマーク - 太陽光で発電する外壁材…パネル不要、低コスト : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , ほうほう。

asahi.com(朝日新聞社):再生可能エネだけで自給自足、全国に52市町村 千葉大 – 社会

asahi.com(朝日新聞社):再生可能エネだけで自給自足、全国に52市町村 千葉大 – 社会

asahi.com(朝日新聞社):再生可能エネだけで自給自足、全国に52市町村 千葉大 - 社会

印刷 再生可能エネルギー自給率の状況  地域の暮らしに必要なエネルギーを、太陽光や風力、地熱、ダムを造らない小水力発電などの再生可能エネルギーで100%まかなえる自治体は全国に52市町村あることが、千葉大とNPOによる昨年3月時点の統計データの分析でわかった。全国での再生可能エネルギーの供給量は一昨年に比べて4.2%増だった。  千葉大大学院の倉阪秀史教授らが28日、公表した。倉阪教授らは、エネル…

はてなブックマーク - asahi.com(朝日新聞社):再生可能エネだけで自給自足、全国に52市町村 千葉大 - 社会 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , ,

60Hz地域の電力6社が、風力発電の導入枠拡大で協力 – 家電Watch

60Hz地域の電力6社が、風力発電の導入枠拡大で協力 – 家電Watch

60Hz地域の電力6社が、風力発電の導入枠拡大で協力 - 家電Watch

60Hz地域の電力6社が、風力発電の導入枠拡大で協力 ~北陸/四国電力の調整力を強化し、現状の2倍を目指す 中部および西日本の電力会社6社は22日、風力発電の導入枠拡大のため、相互に協力すると発表した。参加するのは、中部/北陸/関西/中国/四国/九州の6社。各社は、いずれも周波数60Hzの地域にあり、相互に電力を融通できる地域間連系線で結ばれている。 風力発電は、発電量の変動が大きく、系統容量が小…

はてなブックマーク - 60Hz地域の電力6社が、風力発電の導入枠拡大で協力 - 家電Watch はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 「北陸と四国で、風力発電の発電量が大きいときは、系統容量が大きい関西や中部に送電する。これでピーク時にも対処できるため、風力発電の量を増やすことができる」

発電と送配電、分離を本格検討…新規参入促す : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

発電と送配電、分離を本格検討…新規参入促す : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

電力会社が発電と送配電を一体運用している現在の体制を見直す。 新規事業者の参入を促し、企業や家庭が電気の調達先や料金を柔軟に選択できる体制作りも検討する。経済産業省が年明けから本格的な検討に入り、2013年度に電気事業法の改正を目指す。 枝野経済産業相が27日に開く関係閣僚会議で制度改革に向けた論点整理を示す。 政府は東日本大震災の発生による電力の供給不足に対し、計画停電や電力使用制限による需要の…

はてなブックマーク - 発電と送配電、分離を本格検討…新規参入促す : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , , ,

WordPress Themes