Posts tagged: 遺伝子

遺伝子欠損で脳皮質萎縮起きる アルツハイマー病解明も – 徳島新聞社

遺伝子欠損で脳皮質萎縮起きる アルツハイマー病解明も – 徳島新聞社

アルツハイマー病や白血病との関連が注目されている「CALM」(カルム)という遺伝子が欠損すると、脳室の拡大や脳皮質の萎縮が起きることを奈良女子大大学院(奈良市)の大学院生鈴木麻衣さんと渡辺利雄教授(分子生物学)が初めて発見し、22日発表した。 渡辺教授は「これらはアルツハイマー病の症状の一つ。発症の仕組みの解明につながる成果」としている。 鈴木さんらはCALM遺伝子が働かないマウスを作製。すると脳…

はてなブックマーク - 遺伝子欠損で脳皮質萎縮起きる アルツハイマー病解明も - 徳島新聞社 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , ,

東京新聞:生殖細胞の性 決める遺伝子 定説を覆す発見:社会(TOKYO Web)

東京新聞:生殖細胞の性 決める遺伝子 定説を覆す発見:社会(TOKYO Web)

自然科学研究機構基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)のグループが、生物の生殖細胞の性別を決める遺伝子を世界で初めて発見し、八日付の米国科学誌「サイエンス」電子版で発表した。 基生研の小林悟教授(発生学)、橋山一哉研究員(同)らのグループは、ショウジョウバエの細胞の核にある約一万六千個の遺伝子を解析。その中のSxl(エスエックスエル)と呼ばれる遺伝子が雌の生殖細胞では活性化してタンパク質を作り出している…

はてなブックマーク - 東京新聞:生殖細胞の性 決める遺伝子 定説を覆す発見:社会(TOKYO Web) はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 「雄の細胞のSxlを人為的に活性化すると、本来精子になるはずの細胞が卵子に変化する「雌化」が起き、性を決定する遺伝子の働きが裏付けられた。」/雄同士の子どももアリなのか?

「放射線で傷ついた遺伝子、子孫に伝わる」 クロワッサン「不適切」と謝罪 (1/2) : J-CASTニュース

「放射線で傷ついた遺伝子、子孫に伝わる」 クロワッサン「不適切」と謝罪 (1/2) : J-CASTニュース

「放射線で傷ついた遺伝子、子孫に伝わる」 クロワッサン「不適切」と謝罪 (1/2) : J-CASTニュース

「放射線によって傷ついた遺伝子は、子孫に伝えられていきます」。表紙にこんなタイトルを掲げた生活情報誌「クロワッサン」に、ツイッターで批判が相次ぎ、クロワッサン側は、「不適切な表現だった」と公式サイトで謝罪した。 批判を呼んだタイトルは、生命科学者の柳澤桂子さんがインタビューで発言したものの一部を抜き出したものだ。柳澤さんは、三菱化成生命化学研究所の主任研究員を長く勤めた後、科学エッセイなどを執筆し…

はてなブックマーク - 「放射線で傷ついた遺伝子、子孫に伝わる」 クロワッサン「不適切」と謝罪 (1/2) : J-CASTニュース はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , , 「クロワッサン誌は、公式サイト上で2011年7月1日夕、お詫び文を掲載し、「不適切で配慮を欠いた表現」があったとして謝罪した。」

IT業界と「自閉症スペクトラム」:研究結果 « WIRED.jp

IT業界と「自閉症スペクトラム」:研究結果 « WIRED.jp

IT業界と「自閉症スペクトラム」:研究結果 « WIRED.jp

ケンブリッジ大学の研究者が、オランダの3地域で集められたデータに基づく分析を行い、IT産業に関係する地域に「自閉症スペクトラム状態」が多く見られることを明らかにした。 画像はWikimedia Commons ケンブリッジ大学の研究者らが、オランダの3つの地域で集められたデータに基づいて、情報技術(IT)産業に関係する地域に自閉症スペクトラム状態(ASC)が多く見られることを明らかにした。[自閉症…

はてなブックマーク - IT業界と「自閉症スペクトラム」:研究結果 « WIRED.jp はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , 「自閉症に関係した遺伝子が遺伝子プールの中で存続している理由も説明されるかもしれない」「ASCの率が異なることに他の理由がある可能性についても検証する予定」

1万年前に「緑の革命」…丈低いイネ選んで栽培 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

1万年前に「緑の革命」…丈低いイネ選んで栽培 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

約1万年前に野生の稲を栽培種にする時、古代の人たちは草丈の低いものを選んで育てたことが、名古屋大や神戸大などの研究でわかった。 1960年代の「緑の革命」は、草丈の低さに着目して栽培種を選んだことが収量を飛躍的に増やす要因だったが、古代の人たちも、形質の遺伝する仕組みが解明されるずっと前から、経験的に遺伝子の違いを上手に活用したらしい。米科学アカデミー紀要電子版に7日発表する。 研究チームは、稲の…

はてなブックマーク - 1万年前に「緑の革命」…丈低いイネ選んで栽培 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , ,

WordPress Themes