Posts tagged: 生物

ティラノサウルスから走って逃げることは可能 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ティラノサウルスから走って逃げることは可能 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ティラノサウルスから走って逃げることは可能 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ティラノサウルス・レックスは、多くの人が思っているほど俊足ではなかった。(PHOTOGRAPH BY CORBIN17, ALAMY) 恐竜の王様ティラノサウルス・レックスは、広く一般に信じられているほど俊足ではなかったことが、コンピューター・モデルを使った最新の研究で明らかになった。それどころか、せいぜい人間が走る速さが精いっぱいだったという。英マンチェスター大学の古生物学者ウィリアム・セラーズ…

はてなブックマーク - ティラノサウルスから走って逃げることは可能 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , それでも追いかけられたら、とっても怖いと思うw

アートアクアリウム展が嫌い – 感想文

アートアクアリウム展が嫌い – 感想文

アートアクアリウム展が嫌い - 感想文

2017 – 07 – 10 アートアクアリウム展が嫌い 動物問題 アートアクアリウム展を知ったのは数年前。 こーゆーやつ。 これは2013年の写真らしい。 引用元: http://blog.goo.ne.jp/aikikempo-kashiyama/e/c4a278a58e8ec76a078e515b27a4a04a 初めて知ったとき 趣味わるっっ!! っておもった。 生きてる金魚、密度過多につ…

はてなブックマーク - アートアクアリウム展が嫌い - 感想文 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 「嫌い」の表し方としては嫌いじゃない。/そもそも他の生物を喰って生きるしかない時点で程度問題だけどな、と思いはするが、だからと言って積極的にやるのもな…な印象。

ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp

ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp

ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp

NEWS 2017.06.24 SAT 19:00 ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功 ボストン大学の研究チームが、ヒト細胞のプログラムを書き換え、109通りの論理演算命令に従わせることに成功した。生物学的な論理ゲートの作製は過去にも成功例があるが、これだけの数を安定して生み出したのは初めて。化学物質の生成からガン治療まで、さまざまな分野への応用が…

はてなブックマーク - ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , , , 「30億年の進化の産物をデバッグするのは、一筋縄ではいかない」って、なんかカッコいい。/そして、超人ロック…かなぁ。

人類の起源は30万年前、定説覆す化石発見 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

人類の起源は30万年前、定説覆す化石発見 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

人類の起源は30万年前、定説覆す化石発見 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

1/3 前へ 次へ モロッコで見つかったホモ・サピエンスの頭蓋骨化石を手にする仏古人類学者のジャンジャック・ユブラン氏(右)とモロッコ国立考古学遺物研究所のAbdelouahed Ben-Ncer氏(2017年6月6日撮影)。(c)AFP/PATRICK KOVARIK 【6月8日 AFP】(更新)現生人類ホモ・サピエンスは、30万年前にアフリカに生息し、現代の人々とそう変わらない顔つきをしていた…

はてなブックマーク - 人類の起源は30万年前、定説覆す化石発見 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , ,

「老化を防ぐクスリ」が実現する可能性が見えてきた:研究結果|WIRED.jp

「老化を防ぐクスリ」が実現する可能性が見えてきた:研究結果|WIRED.jp

「老化を防ぐクスリ」が実現する可能性が見えてきた:研究結果|WIRED.jp

NEWS 2017.05.16 TUE 08:00 「老化を防ぐクスリ」が実現する可能性が見えてきた:研究結果 アンチエイジング治療の研究において、2つの大きな前進が見られた。ひとつは、老化によるDNAの損傷を修復する治療法の発見。もうひとつは、年老いた細胞を自死へと導くメカニズムの発見だ。これらの研究が進めば、「老化を防ぐクスリ」が実現する可能性が見えてくる。 TEXT BY SANDRO IA…

はてなブックマーク - 「老化を防ぐクスリ」が実現する可能性が見えてきた:研究結果|WIRED.jp はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , 「愛に時間を」。心の問題もそのうち。

新種のカエルを発見、オタマジャクシにならず | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新種のカエルを発見、オタマジャクシにならず | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新種のカエルを発見、オタマジャクシにならず | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

エクアドルで見つかった新種のカエル。長らく近親種のPristimantis ornatissimusと混同されてきたが、模様が異なっている。(PHOTOGRAPH BY JAIME CULEBRAS) エクアドルでカエルの新種が見つかった。しかし、すでに絶滅の危機に瀕している可能性が高い。 この新種は、長いこと近親種のPristimantis ornatissimusと混同されてきた。黄色と黒の体…

はてなブックマーク - 新種のカエルを発見、オタマジャクシにならず | ナショナルジオグラフィック日本版サイト はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , ,

英大学、量子コンピュータを超える「非決定性万能チューリングマシン」の実現可能性を指摘 ~DNAを用いたコンピューティング理論 – PC Watch

英大学、量子コンピュータを超える「非決定性万能チューリングマシン」の実現可能性を指摘 ~DNAを用いたコンピューティング理論 – PC Watch

英大学、量子コンピュータを超える「非決定性万能チューリングマシン」の実現可能性を指摘 ~DNAを用いたコンピューティング理論 - PC Watch

計算のサイズ(n)に対し、nの多項式時間を必要とする判定問題はP問題と呼ばれる。指数関数時間などになると、計算のサイズに対し計算量は莫大な増加をする。  英マンチェスター大学は1日(現地時間)、DNAの複製メカニズムを利用し、同時に異なる全ての過程を並行してシミュレーションできるDNAコンピュータの実現可能性を発表した。これについて、同学のRoss D. King教授による論文が英Journal …

はてなブックマーク - 英大学、量子コンピュータを超える「非決定性万能チューリングマシン」の実現可能性を指摘 ~DNAを用いたコンピューティング理論 - PC Watch はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , , んで、いずれの日にか弥勒が降臨するんだな(嘘)

WHO 多剤耐性菌の警戒リスト初めて公開 | NHKニュース

WHO 多剤耐性菌の警戒リスト初めて公開 | NHKニュース

WHO 多剤耐性菌の警戒リスト初めて公開 | NHKニュース

WHO=世界保健機関は、抗生物質がほとんど効かない多剤耐性菌の中でも特に警戒が必要な12の菌のリストを初めて公表し、新たな抗生物質の開発を急ぐとともに、ヒトや家畜に対し抗生物質を必要以上に使わないよう呼びかけています。 最も危険性が高いものには、アシネトバクター、緑のう菌、エンテロバクターの3つの菌が挙げられ、病院などで感染が広がると死亡する患者が出る可能性があることや、耐性菌にも効くとされる最新…

はてなブックマーク - WHO 多剤耐性菌の警戒リスト初めて公開 | NHKニュース はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , "耐性をほかの菌に遺伝情報として伝える能力を持っていて、抗生物質が使われれば使われるほど、より速いペースで耐性を獲得する"

台所のぬめりに集まった細菌は「電気信号」でコミュニケーションしている:研究結果|WIRED.jp

台所のぬめりに集まった細菌は「電気信号」でコミュニケーションしている:研究結果|WIRED.jp

台所のぬめりに集まった細菌は「電気信号」でコミュニケーションしている:研究結果|WIRED.jp

NEWS 2017.01.30 MON 11:00 台所のぬめりに集まった細菌は「電気信号」でコミュニケーションしている:研究結果 台所のぬめりなどに存在するバクテリアの“コロニー”、バイオフィルム。新たな研究によってそのバイオフィルム内のバクテリアたちが電気信号で連絡を取り合っている、という成果が発表された。 TEXT BY MIREI TAKAHASHI PHOTOGRAPH BY DAVID…

はてなブックマーク - 台所のぬめりに集まった細菌は「電気信号」でコミュニケーションしている:研究結果|WIRED.jp はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , おもしろい話なんだが、なぜか、うぞうぞする。

人体から新たな「臓器」が見つかる – GIGAZINE

人体から新たな「臓器」が見つかる – GIGAZINE

人体から新たな「臓器」が見つかる - GIGAZINE

by clement127 科学がめざましい進歩を遂げるなか、すでによく知られているはずの人間の体内で新たな「発見」がありました。これまで腸を支えるための単純な構造だと考えられていた部分が、研究によって「消化器系の臓器」であることが判明。これによって、腹部の病気の原因解明が進む可能性があるとのことです。 Irish surgeon identifies emerging area of medic…

はてなブックマーク - 人体から新たな「臓器」が見つかる - GIGAZINE はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , ,

WordPress Themes