Posts tagged: 母の呪い

第5回 母は稼いで世話もする – 晶文社スクラップブック

第5回 母は稼いで世話もする – 晶文社スクラップブック

第5回 母は稼いで世話もする – 晶文社スクラップブック

母となった人の多くが「息子が可愛くてしょうがない」と口にする。手がかかればかかるほど、可愛いという。女性たちは息子のために、何を置いても尽くそうとする。それは恋人に対するよりも粘っこくて重たい心かもしれない。息子たちは、そんな母について、何を思っているのだろうか。そのような母に育てられた息子と、娘たちはどのように関係を作っているのだろうか。母と息子の関係が、ニッポンにおける人間関係の核を作り、社会…

はてなブックマーク - 第5回 母は稼いで世話もする – 晶文社スクラップブック はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 息子を持たない自分には難しい。確かに娘は自分とは別の人で在り続けているけれど。/「結果として女性は全世界で「稼いで世話もする」ようになりつつあるのです。」

「萩尾望都でございます。職業は、マンガ家です」(小原篤のアニマゲ丼):朝日新聞デジタル

「萩尾望都でございます。職業は、マンガ家です」(小原篤のアニマゲ丼):朝日新聞デジタル

「萩尾望都でございます。職業は、マンガ家です」(小原篤のアニマゲ丼):朝日新聞デジタル

今年度の「朝日賞」贈呈式が1月30日に東京の帝国ホテルで行われまして、受賞者のお一人、マンガ家の萩尾望都さんの素晴らしいスピーチをごく短く紙面とツイッターでお伝えしたところ、主にツイッターでびっくりするほど多く反応がありましたので、今回の本欄はロングバージョンでご紹介します。 その前に、ちょっと宣伝くさいですがいちおうご説明を。朝日賞は1929年に創設され、学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ…

はてなブックマーク - 「萩尾望都でございます。職業は、マンガ家です」(小原篤のアニマゲ丼):朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , 母親の変節を淡々と受け止めるとは。いろいろな意味で長い年月が必要だった、ということか。

四十路を越えて「かわいい?」と聞きまくる女/59番目のマリアージュ(アルテイシア) | TOFUFU

四十路を越えて「かわいい?」と聞きまくる女/59番目のマリアージュ(アルテイシア) | TOFUFU

四十路を越えて「かわいい?」と聞きまくる女/59番目のマリアージュ(アルテイシア) | TOFUFU

  ある朝、夫の部屋で呆然と立ち尽くした by Hernan Piñera 付き合いたてのカップルが「この人、ほんとに私のこと好きなのかな?」と不安を抱くのは、甘酸っぱい恋愛あるあるだ。  ある朝、夫の部屋で呆然と立ち尽くした by Hernan Piñera 付き合いたてのカップルが「この人、ほんとに私のこと好きなのかな?」と不安を抱くのは、甘酸っぱい恋愛あるあるだ。 一方、うちの夫は「こんなう…

はてなブックマーク - 四十路を越えて「かわいい?」と聞きまくる女/59番目のマリアージュ(アルテイシア) | TOFUFU はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , よい夫婦で妬ける。

母親が毒親 – Hagex-day info

母親が毒親 – Hagex-day info

母親が毒親 - Hagex-day info

2016 – 06 – 10 母親が毒親 open2ch 母親は、親じゃなくて子供のママなんだろうな。 ・何を書いても構いませんので@生活板 26 485 : 1/2 :2016/06/07(火)19:23:42 ID:oXS 母親への気持ちをうまく消化できなくて苦しい。 短くまとめようと思ったけど、なかなかまとまらず、長文になってしまった。 母親は典型的なDQN。 未成年・未婚で私を産み、数年後…

はてなブックマーク - 母親が毒親 - Hagex-day info はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , 愛されて育った人にはたぶん分からないのだよなぁ、と思い知る時の絶望感は何度繰り返してもぐったりする。

放射能と子宮頸がんワクチン カルト化からママを救う 対談 開沼博×村中璃子(後篇) WEDGE Infinity(ウェッジ)

放射能と子宮頸がんワクチン カルト化からママを救う 対談 開沼博×村中璃子(後篇) WEDGE Infinity(ウェッジ)

放射能と子宮頸がんワクチン カルト化からママを救う 対談 開沼博×村中璃子(後篇) WEDGE Infinity(ウェッジ)

福島の被ばくと子宮頸がんワクチン。弊誌Wedgeが取り上げ続けてきたこの2つのテーマには似通った問題が潜んでいる。福島出身の社会学者、開沼博さんと、医師・ジャーナリストの村中璃子さんが、縦横無尽に語り尽くす。 ※本記事は4月20日発売のWedge5月号の記事の一部です。 ※前篇は こちら 両論併記のメディアが誤った少数意見をばらまく 編集部(以下、――)  前篇記事 で紹介したように、目に見えない…

はてなブックマーク - 放射能と子宮頸がんワクチン カルト化からママを救う 対談 開沼博×村中璃子(後篇) WEDGE Infinity(ウェッジ) はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , 代理ミュンヒハウゼン症候群は、母親である自分の部分から見ると、そこに落ち込む過程が分かるような気がするんだよね。子どものことはすべて母親の責任という圧力は下げなければ。

DVをしてきた父親をずっと憎んできた。

DVをしてきた父親をずっと憎んできた。

DVをしてきた父親をずっと憎んできた。DVそのものというよりも、家庭内で突然キレる、レジャーの最中にほぼ必ずキレるという習慣が、おれから家庭=安心という概念を失わせ、部屋にこもってゲームや物語や勉強を続け、極力家庭に興味を持たず、逃避する人間になるしかなかった。部屋の鍵もかけられなかったから、教室や予備校、図書館に逃避せざるをえず、一人暮らしをしたいがためだけに名門大学に合格した。両親は無邪気によ…

はてなブックマーク - DVをしてきた父親をずっと憎んできた。 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , 結局、親もただの弱い人間なのだよ。それが得心できたからと言って、許せるわけではないが。せめて、次世代に継がないぐらいのことはしたい。/やっぱり、イマジンブレーカーが必要、か。

何でもお金で解決すればいいと思ってた

何でもお金で解決すればいいと思ってた

母と演劇を見る約束があった。約束の一週間前に、もっと大事な先約があったのを思い出して、母との約束をキャンセルした。母に行く日の日にちは大丈夫か何度も確認されてたけど、大丈夫だと思ってた。でも日にちを勘違いしていたので、結局キャンセルせざるを得なかった。そしたら母はパニックになってギャーギャーわめいて怒った。お金を払えば別に怒られないと思っていたから、意味がわからない。どうやら定価よりも高いお金を出…

はてなブックマーク - 何でもお金で解決すればいいと思ってた はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , たぶん、母親が気づいてくれることはないので、さっさと捨てろ。

母の狂気 – アラサーOLクソ日誌。

母の狂気 – アラサーOLクソ日誌。

母の狂気 - アラサーOLクソ日誌。

2014-10-19 母の狂気 唐突だけど、わたしの小中学生の頃のコンプレックスは 1.長女である2.くせ毛3.母親が変(ヘン)ということだった。 今となっては自他ともに認める「病的なシスコン」の私だが、片田舎で過ごす小中学校時代は「あいつのバックには○○さんがついてるぜ」的な不良版スネ夫、マイルドヤンキーど真ん中の会話が日常茶飯事のコミュニティに居り、著名な先パイどころか有力な姉兄が居ないという…

はてなブックマーク - 母の狂気 - アラサーOLクソ日誌。 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 泣いた。

自分は父から虐待を受け、母からは母..

自分は父から虐待を受け、母からは母..

自分は父から虐待を受け、母からは母を父の攻撃から守るよう強要されてきた。自分には姉がいるが、彼女はそこまで父に反抗しなかったため、自分ほど虐待を受けていなかった。生まれてから高校まで、父から逃げるように母と姉と暮らしてきたが、結局いつも彼に連れ戻された。周りの親戚は見て見ぬふりで、彼らが言うことといえば、お前しかお母さんを守れないんだから、しっかりしろ、だった。母はいつも自分に泣きついてきて、最後…

はてなブックマーク - 自分は父から虐待を受け、母からは母.. はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 逃げるが勝ち。

母娘問題 久田恵さんが選ぶ本 – 久田恵(ノンフィクション作家) – ニュースの本棚 | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

母娘問題 久田恵さんが選ぶ本 – 久田恵(ノンフィクション作家) – ニュースの本棚 | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

母娘問題 久田恵さんが選ぶ本 - 久田恵(ノンフィクション作家) - ニュースの本棚 | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

■それぞれの自由な生き方へ  1979年、久徳(きゅうとく)重盛著『母原病』がベストセラーになった年に、私は母親になった。時代は、戦後の急激な核家族化の中、子どもの情緒的な発達にも母親の責任が問われる方向へと向かっていた。当時、「自閉症」の原因さえも母親にあると流布されていて、「良い母親」になるには、どうすべきかは大テーマだったのだ。  そんな中、同世代の女性たちの多くは、核家族の専業主婦となって…

はてなブックマーク - 母娘問題 久田恵さんが選ぶ本 - 久田恵(ノンフィクション作家) - ニュースの本棚 | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , 「その時にはそれしかできない」ということがある。自分としての精一杯。/望むほどではないけれど、思ったよりは、時代が変わるのは早いのかもしれない、と思う。

WordPress Themes