Posts tagged: 天文

地球の比較的近くに人が住めそうな惑星が見つかった、そこまでの距離は11光年 | TechCrunch Japan

地球の比較的近くに人が住めそうな惑星が見つかった、そこまでの距離は11光年 | TechCrunch Japan

地球の比較的近くに人が住めそうな惑星が見つかった、そこまでの距離は11光年 | TechCrunch Japan

火星のことは忘れましょう。わずか11光年先に、地球ぐらいの大きさで、居住できるかもしれない惑星が見つかったのです。 Ross 128bと呼ばれるその惑星は、推定年齢70億歳の、生命にやさしい赤色矮星のまわりを周回している。 赤色惑星は銀河系でいちばんありふれた星で、知られている星の約70%を占め、その周回軌道上には水のある惑星がありえる、と言われている。つまりそれらの惑星には大気があり、生命をサポ…

はてなブックマーク - 地球の比較的近くに人が住めそうな惑星が見つかった、そこまでの距離は11光年 | TechCrunch Japan はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , ,

NASA、赤色矮星TRAPPIST-1に7つの地球型惑星を発見、すべてに水が存在の可能性。水瓶座の方向40光年に位置 – Engadget 日本版

NASA、赤色矮星TRAPPIST-1に7つの地球型惑星を発見、すべてに水が存在の可能性。水瓶座の方向40光年に位置 – Engadget 日本版

NASA、赤色矮星TRAPPIST-1に7つの地球型惑星を発見、すべてに水が存在の可能性。水瓶座の方向40光年に位置 - Engadget 日本版

NASAが予告していた発表は、TRAPPIST-1と呼ばれる恒星が7つもの地球サイズの惑星を持つ惑星系を成しており、さらにそのうち少なくとも3つの惑星は地表に液状の水が存在するかもしれないというものでした。また地表にという条件を省けば、7つの惑星すべてに液体の水が存在している可能性があるとのことです。 水瓶座の方向約40光年の位置にある赤色矮星TRAPPIST-1は2016年にベルギー・リエージュ…

はてなブックマーク - NASA、赤色矮星TRAPPIST-1に7つの地球型惑星を発見、すべてに水が存在の可能性。水瓶座の方向40光年に位置 - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi ,

NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 3つは生命存在可能 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト

NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 3つは生命存在可能 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト

NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 3つは生命存在可能 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト

これまでもさまざまな 生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星」 が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。 NASA は2月22日、地球から 39 光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見 したと発表しました。 この赤色矮星「 TRAPPIST-1 」を周回する系外惑星のうち 、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」 に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。 …

はてなブックマーク - NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 3つは生命存在可能 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , 今日のグーグルはこれ。

火星の水は意外と短い期間で失われたとする研究結果が発表。Mars Expressのデータ分析より – Engadget 日本版

火星の水は意外と短い期間で失われたとする研究結果が発表。Mars Expressのデータ分析より – Engadget 日本版

火星の水は意外と短い期間で失われたとする研究結果が発表。Mars Expressのデータ分析より - Engadget 日本版

米コロラド大学ボルダー校にある、LASP(大気宇宙物理学研究所:Laboratory for Atmospheric and Space Physics)が、火星の大気は実はかなり急速に失われた可能性があるとする研究結果を発表しました。火星の水は長い歳月をかけて徐々に失われていったというこれまでの通説とは異なる考え方です。 LASPの研究によると、火星では特に気温の上がる季節に水が大量に蒸発し、そ…

はてなブックマーク - 火星の水は意外と短い期間で失われたとする研究結果が発表。Mars Expressのデータ分析より - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , ,

月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

【1月10日 AFP】約45億年前に地球の衛星として誕生した月は、原始地球に小さな天体が次々衝突したことによって形成された可能性があるとの研究結果が9日、発表された。 月の起源をめぐっては、地球に火星サイズの天体1個が衝突したことにより形成されたという「巨大衝突説」が定説となっていたが、同説は大きな矛盾を抱えていた。 この説が事実ならば、月の成分の5分の1は地球派生で、残る5分の4は衝突した天体の…

はてなブックマーク - 月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , ,

地球外生命体が作る「ダイソン球」の存在が騒がれた恒星「KIC 8462852」の詳細調査によって一層謎が深まる結果に – GIGAZINE

地球外生命体が作る「ダイソン球」の存在が騒がれた恒星「KIC 8462852」の詳細調査によって一層謎が深まる結果に – GIGAZINE

地球外生命体が作る「ダイソン球」の存在が騒がれた恒星「KIC 8462852」の詳細調査によって一層謎が深まる結果に - GIGAZINE

はくちょう座の中にある恒星「 KIC 8462852 」は、不規則に光が弱まることが知られており、地球外生命体が作る構造物によって光が遮断されているのではないかと騒がれていました。そこで、より詳細な調査が行われたところ、説明がつかない現象が明らかになり、混迷は一層深まっています。 [1608.01316] KIC 8462852 Faded Throughout the Kepler Missio…

はてなブックマーク - 地球外生命体が作る「ダイソン球」の存在が騒がれた恒星「KIC 8462852」の詳細調査によって一層謎が深まる結果に - GIGAZINE はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , ,

95光年離れた宇宙からの信号、発信源は地球と結論。史上初の『コンタクト』は幻に – Engadget Japanese

95光年離れた宇宙からの信号、発信源は地球と結論。史上初の『コンタクト』は幻に – Engadget Japanese

95光年離れた宇宙からの信号、発信源は地球と結論。史上初の『コンタクト』は幻に - Engadget Japanese

95光年離れた宇宙からの信号、発信源は地球と結論。史上初の『コンタクト』は幻に BY Munenori Taniguchi 2016年09月01日 12時00分 0 8月30日に報じられた「95光年先の深宇宙からの信号を受信」したという話は、どうやら誤りだったようです。ロシア科学アカデミーの特別天体物理観測所(SAO RAS)は「RATAN-600電波望遠鏡で受信した信号はほぼ間違いなく地球のどこ…

はてなブックマーク - 95光年離れた宇宙からの信号、発信源は地球と結論。史上初の『コンタクト』は幻に - Engadget Japanese はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , 残念。

94光年先の「シグナル」は本当に宇宙人からなのか? 現在SETIが調査中 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト

94光年先の「シグナル」は本当に宇宙人からなのか? 現在SETIが調査中 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト

94光年先の「シグナル」は本当に宇宙人からなのか? 現在SETIが調査中 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト

つい先日、地球から94光年とそれほど遠くない 恒星「HD 164595」から「強いシグナル」が観測された として、「すわ宇宙人からのメッセージでは?」と世間を騒がせました。そして現在、このシグナルが何だったのかを確認する動きが始まっています。 Centauri Dreamsによれば、2015年5月にロシアの電波望遠鏡によってSETI(地球外知的生命体探査)の候補になりうる信号がキャッチされました。…

はてなブックマーク - 94光年先の「シグナル」は本当に宇宙人からなのか? 現在SETIが調査中 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , ,

太陽170億個分もの超大質量ブラックホールがありえない場所で発見される – GIGAZINE

太陽170億個分もの超大質量ブラックホールがありえない場所で発見される – GIGAZINE

太陽170億個分もの超大質量ブラックホールがありえない場所で発見される - GIGAZINE

これまで発見された超大質量のブラックホールは、いずれも「銀河の密集地帯」から発見されています。これまでに見つかってる中で最大となる太陽210億個分のブラックホールは、1000以上の銀河で構成される「コマ銀河団」から見つかっており、ブラックホールの巨大化には広大な銀河団が関係していると考えられていました。しかし、太陽170億個分もの超大質量ブラックホールが発見されたのは、20程度の銀河で構成される小…

はてなブックマーク - 太陽170億個分もの超大質量ブラックホールがありえない場所で発見される - GIGAZINE はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , ,

キトラ古墳 天文図は数百年前の星空か NHKニュース

キトラ古墳 天文図は数百年前の星空か NHKニュース

奈良県明日香村にある「キトラ古墳」で見つかった天文図を天文学の専門家が新たに分析した結果、描かれているのは古墳が造られた時期の数百年前に観測された星空の可能性があることが分かりました。 これについて、天文学の2人の専門家が文化庁などとともに、いつ、どこで観測された星空を描いたものか詳しく分析しました。 このうち、国立天文台の相馬充助教は、5つの星の位置と、年代によって僅かに変わる地球の自転軸の傾き…

はてなブックマーク - キトラ古墳 天文図は数百年前の星空か NHKニュース はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , 正確に模写してたんだろうか…。/「星はすばる」

WordPress Themes