Posts tagged: ムスリム

イスラム女性、ヒジャブでコスプレ 戒律逆手に装い巧み:朝日新聞デジタル

イスラム女性、ヒジャブでコスプレ 戒律逆手に装い巧み:朝日新聞デジタル

イスラム女性、ヒジャブでコスプレ 戒律逆手に装い巧み:朝日新聞デジタル

アニメやゲームの登場キャラクターになりきるコスプレは世界に広がり、実はイスラム教徒の女子にも流行しています。女性の服装規定が何かと多い宗教ですが、創意工夫で「縛り」も柔軟に楽しんでいます。 発信地は中東と並んでイスラム教徒が多い東南アジアの国々。今の若者は幼いころから日本のアニメやゲームに囲まれて育ち、近年になってコスプレの大会も開かれるようになったそうです。 問題になるのがヒジャブ(スカーフ)。…

はてなブックマーク - イスラム女性、ヒジャブでコスプレ 戒律逆手に装い巧み:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , ,

女性が一斉に車を運転し抗議 NHKニュース

女性が一斉に車を運転し抗議 NHKニュース

世界で唯一女性の運転が禁止されているサウジアラビアで26日、女性たちが一斉に車を運転する抗議行動が呼びかけられ、当局の警告を無視して、多くの女性が堂々と車を運転し、その映像をインターネット上に公開しました。 サウジアラビアは厳格なイスラム教の解釈に基づく統治が行われ、女性たちは外出時には全身を覆って隠すことが義務づけられているほか、世界で唯一、女性が車を運転することが禁止されています。 これに抗議…

はてなブックマーク - 女性が一斉に車を運転し抗議 NHKニュース はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , ,

マララさんに人権賞 アムネスティ「良心の大使」賞 – 西日本新聞

マララさんに人権賞 アムネスティ「良心の大使」賞 – 西日本新聞

マララさんに人権賞 アムネスティ「良心の大使」賞 - 西日本新聞

マララさんに人権賞 アムネスティ「良心の大使」賞 2013年09月17日(最終更新 2013年09月17日 10時31分) 演説するマララ・ユスフザイさん=3日、英中部バーミンガム市内(共同) 【ロンドン共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は17日、パキスタンで女子教育の権利を求め、イスラム武装勢力に銃撃されたマララ・ユスフザイさん(16)に人権賞「良心の大使」賞を贈…

はてなブックマーク - マララさんに人権賞 アムネスティ「良心の大使」賞 - 西日本新聞 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , ,

Techinsight » 【中東発!Breaking News】26歳女、自分をレイプし妊娠させた35歳男を銃殺、その首を切り落とす。(トルコ)

Techinsight » 【中東発!Breaking News】26歳女、自分をレイプし妊娠させた35歳男を銃殺、その首を切り落とす。(トルコ)

トルコ南西部の村で、何ヶ月にも渡り1人の男にレイプされ続け、挙句の果てに妊娠させられた26歳の女が、相手の男を銃で殺害し、その首を切り落とすという事件が発生した。 ドイツのBild紙によるとこの事件は、数ヶ月前のある日の夜、ウスパルタ県にある村Yalvacに住むこの女の元に、35歳の男が突然侵入し、武器で彼女を脅してレイプしたことに端を発する。 女の夫は当時外国で働いており、女は2人の子供とともに…

はてなブックマーク - Techinsight » 【中東発!Breaking News】26歳女、自分をレイプし妊娠させた35歳男を銃殺、その首を切り落とす。(トルコ) はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , ,

イラン:ベールを脱いで自由に生きたい—女性たちの30年分の思い – ガジェット通信

イラン:ベールを脱いで自由に生きたい—女性たちの30年分の思い – ガジェット通信

イラン:ベールを脱いで自由に生きたい—女性たちの30年分の思い - ガジェット通信

今回は、『グローバル・ボイス』から転載させていただきました。 ※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/275795をごらんください。 イスラム政権が、イランの女性たちに対して公共の場でのベール(ヒジャブ)着用を命じたのは、1979年、イランで政権を掌握してまもなくのことだった。それから30年たった今でも、毎年夏になるとイランの警察はベールの取り締ま…

はてなブックマーク - イラン:ベールを脱いで自由に生きたい—女性たちの30年分の思い - ガジェット通信 はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , ,

女性の権利が最低のサウジアラビア、ついに追跡装置まで導入される…海外の反応は:らばQ

女性の権利が最低のサウジアラビア、ついに追跡装置まで導入される…海外の反応は:らばQ

女性の権利が最低のサウジアラビア、ついに追跡装置まで導入される…海外の反応は:らばQ

女性の権利が最低のサウジアラビア、ついに追跡装置まで導入される…海外の反応は サウジアラビアは、女性の人権がイスラム諸国の中でも最低レベルにあり、車の運転はおろか、近親者による付き添いなしでの外出さえ禁止されています。 そして先週、国外に出ないように監視する目的で、女性用の追跡装置まで導入されていたことがわかり、大きな波紋を呼んでいます。 海外メディアの報道 「Saudi Arabia imple…

はてなブックマーク - 女性の権利が最低のサウジアラビア、ついに追跡装置まで導入される…海外の反応は:らばQ はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , 入り鉄砲に出女。

サウジ国王、車運転した女性へのむち打ち刑を撤回 国際ニュース : AFPBB News

サウジ国王、車運転した女性へのむち打ち刑を撤回 国際ニュース : AFPBB News

サウジアラビアの首都リヤド(Riyadh)で車から降りる女性たち(2011年9月26日撮影)。(c)AFP/FAYEZ NURELDINE 【9月29日 AFP】サウジアラビアのアブドラ・ビン・アブドルアジズ(Abdullah bin Abdul-Aziz)国王が、女性の自動車運転を禁じるファトワ(宗教令)に反した女性に26日に言い渡されたむち打ち10回の刑の撤回を命じた。ワリード・ビン・タラール…

はてなブックマーク - サウジ国王、車運転した女性へのむち打ち刑を撤回 国際ニュース : AFPBB News はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , ,

サウジアラビア:女性に参政権認める 国王が発表 – 毎日jp(毎日新聞)

サウジアラビア:女性に参政権認める 国王が発表 – 毎日jp(毎日新聞)

サウジアラビア:女性に参政権認める 国王が発表 - 毎日jp(毎日新聞)

【カイロ和田浩明】サウジアラビアのアブドラ国王は25日、男性だけを任命していた国政の助言機関・諮問評議会(150議席、任期4年)に女性を登用し、地方選挙での投票と立候補も認めると発表した。諮問評議会への任命は次期からで、地方参政権は早くても4年後の次回選挙からだが、政治参加が厳しく制限されるサウジの女性に参政権が認められるのは初めて。中東の民主化政変「アラブの春」の影響で高まる女性の権利拡大要求を…

はてなブックマーク - サウジアラビア:女性に参政権認める 国王が発表 - 毎日jp(毎日新聞) はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , 「アブドラ国王は…国家の重要政策がイスラム法にかなうか審議する高位聖職者評議会などに諮問した上の判断だと説明した。」

時事ドットコム:女性参政権、社会進出の起爆剤に=宗教界とのせめぎ合いも−サウジ

時事ドットコム:女性参政権、社会進出の起爆剤に=宗教界とのせめぎ合いも−サウジ

時事ドットコム:女性参政権、社会進出の起爆剤に=宗教界とのせめぎ合いも−サウジ

女性参政権、社会進出の起爆剤に=宗教界とのせめぎ合いも−サウジ 女性参政権、社会進出の起爆剤に=宗教界とのせめぎ合いも−サウジ 【カイロ時事】イスラム教の戒律の厳しいサウジアラビアで、女性の参政権が初めて認められることになった。独裁政権を連鎖的に倒す民衆運動「アラブの春」はサウジにも波及しており、女性の社会進出が加速する起爆剤になりそうだ。  認められるのは、国政の助言機関である諮問評議会(議会に…

はてなブックマーク - 時事ドットコム:女性参政権、社会進出の起爆剤に=宗教界とのせめぎ合いも−サウジ はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , , , 「女性による自動車の運転が禁止されており、進学や就職にも男性親族の許可が必要…2009年には初の男女共学の大学が開校。欧米で教育を受けた女性を中心に企業で活躍する人も多く、「銀行口座の7割は女性が保有」

彼女がスカーフを許されない理由:日経ビジネスオンライン

彼女がスカーフを許されない理由:日経ビジネスオンライン

前回は日本人男性ムスリムの話を紹介した。そこで今回は、日本人の女性信者に登場してもらおう。 東京の北多摩に住むイーマーンさんは、ヒジャーブと呼ばれるスカーフをまとい、毎朝、港区の会社に通勤している。彼女がイスラム教に最初に出会ったのは、10年以上前のこと。コーランの暗誦コンテストを見たマレーシア旅行まで遡る。その時アラビア語に興味を持ち、勉強したいと思った。しかし仕事が忙しく、実際にクラスを取り始…

はてなブックマーク - 彼女がスカーフを許されない理由:日経ビジネスオンライン はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , 「その時に、何て言われるんだろうなって考えると、ちょっと楽しみ。『どうしちゃったんだろうね』とか」

WordPress Themes