働き方の損益分岐点「これだけ働いて、なぜこの給料?」が理解できます。 – music.jpニュース

働き方の損益分岐点「これだけ働いて、なぜこの給料?」が理解できます。 – music.jpニュース

働き方の損益分岐点「これだけ働いて、なぜこの給料?」が理解できます。 - music.jpニュース

時宜を得た著作です。働き方改革と称しながら、過労死を正面から捉えることなく、またより過剰な労働を課しかねない改革(改悪)がすすめられそうな今、この本の重要性は増しています。この本に著者が込めたモチーフは1つ……、 「資本主義のなかで幸せに暮らすために、どう働けばいいか?」 この問いに答えようとした著者が手にした武器は2冊の本、『資本論』と『金持ち父さん 貧乏父さん』でした。一見相反するように思える…

はてなブックマーク - 働き方の損益分岐点「これだけ働いて、なぜこの給料?」が理解できます。 - music.jpニュース はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , バブルの頃、(出世も処遇もそれほど上がることを望めない職掌を選んだから)"Pay for Performance"という考えがあるならば、"Performance for Pay"という考え方も間違っていないのでは?と面接で発言してイヤな顔をされた。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

WordPress Themes