変化するパートナー関係と共同生活――家族主義を問う / 阪井裕一郎 / 家族社会学 | SYNODOS -シノドス-

変化するパートナー関係と共同生活――家族主義を問う / 阪井裕一郎 / 家族社会学 | SYNODOS -シノドス-

変化するパートナー関係と共同生活――家族主義を問う / 阪井裕一郎 / 家族社会学 | SYNODOS -シノドス-

シノドス国際社会動向研究所(シノドス・ラボ) ではシリーズ「 来たるべき市民社会のための研究紹介 」にて、社会調査分析、市民社会の歴史と理論、政治動向分析、市民運動分析、地方自治の動向、高校生向け主権者教育、などの各領域において、「新しい市民社会」を築くためのヒントを提供してくれる研究を紹介していきます。 今回は「多様化するパートナーシップと共同生活」(『入門 家族社会学』所収)執筆の阪井裕一郎氏…

はてなブックマーク - 変化するパートナー関係と共同生活――家族主義を問う / 阪井裕一郎 / 家族社会学 | SYNODOS -シノドス- はてなブックマークに追加

shino-katsuragi shino-katsuragi , , , 大筋では同意できるのだが。/ワシの周辺の女性は離婚しても夫の姓を名乗り続ける人ばかりなのだが、観測範囲の問題なのだろうか。今の日本で生きるなら姓を変えないほうが合理的だ、と判断している様子。

WordPress Themes